整形しすぎて劣化した芸能人の行く末は…?

menu

整形芸能人のゆく末に劣化あり

顎の整形|種類と後遺症が怖すぎる話

整形 顎 画像

顎の整形の種類は、2つのパターンに分けられる。

ズバリ、顎を出したいか、引っ込めたいか。

実に単純明快だよね。

 

でも、顎は整形した場合、けっこう後遺症のリスクが高いと言われてるんだ。

顎の整形の種類と、怖~い後遺症についても見ていこう。

整形 顎 画像

顎削り

顎を出す場合にも引っ込める場合にも使われる、顎削り。

削るんだから、引っ込めるのはともかく、出すのは無理じゃないの?って思うよね。

 

でも、顎削りって顎の先端を削るわけじゃないんだ。

 

骨切り術とも呼ばれる通り、顎の骨を途中で切って、

先端部分を移動させることによって顎の長さを変えるんだよ。

 

顎を出したいなら先端を前へ、引っ込めたいなら後ろに後退させて固定するわけ。

どんな顎にもなれる、万能の整形術に思えるね。

 

だけど、この手術は顎の手術の中でも難易度が高く、

後遺症のリスクも大きいと言われているんだ。

 

手術後、たるみや引きつれを起こしてしまうケースがあるし、

一番怖いのは、オトガイ(下顎)の神経を傷付けて麻痺を起こしてしまう例があることなんだ。

 

麻痺になってしまった場合、ステロイド注射やマッサージで治療することになる。

精神的負担も大きく、怖い後遺症だ。

 

顎プロテーゼ

顎にプロテーゼを入れることにより、引っ込んでいた顎を出す手術。

その人に合った高さのプロテーゼを使うことで、きれいなEラインが作り出せるよ。

 

でも、やっぱり後遺症が気になるところ。

顎プロテーゼの後遺症としては、口の開閉困難と、プロテーゼによる骨吸収が挙げられる。

 

口の開閉困難とは、プロテーゼのサイズが合っていなかった場合に起こるもので、口が閉じなくなってしまうという現象だ。

骨吸収はちょっと耳慣れない言葉だけど、プロテーゼを入れたことによって骨が圧迫され、萎縮したり、プロテーゼに吸収されて小さくなってしまうことを指す。

見た目にも窪みが出て、不自然な感じになってしまうし、ひどい場合は皮膚も萎縮して薄くなり、プロテーゼの輪郭が浮き出てしまうというから驚きだよね。

<スポンサードリンク>

顎注入

注射で注入剤を入れて、足りない顎を補う手術だ。

手軽にシャープな顎を形成でき、小顔効果も期待できる。

 

注入剤はクリニックによって違うけど、ヒアルロン酸がメインの成分であることが多い。

もともと人間の体の中にあるものだから、吸収されても安心なんだ。

 

まあ、吸収されるってことは元に戻ってしまうわけで、

長持ちさせるために高分子のヒアルロン酸を使うなど、いろいろ工夫されている。

 

その分リスクは少ないけど、失敗してしこりになってしまう例もあるから、

手術する時は技術のしっかりしたクリニックを選ぶようにしよう。

 

 

顎の整形は、大きく分けてこの3種類。

特に顎削りと顎プロテーゼは、本当に怖い後遺症があるんだね。

顎って、顔の輪郭が変わる手術になるから、その分リスクも大きいんだね。

 

どんな整形でもそうだけど、顎の場合は特に、

クリニックや医師選びを慎重にしたほうがいいと思うよ!

<スポンサードリンク>

<スポンサードリンク>

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


カスタム検索

リンク

当サイトについて

当サイトは芸能人の整形を裏付けたり、断定付けるものではなく、あくまで個人的な推察や意見に過ぎませんのでご了承ください。